Home

NEWS

【感染予防対策として集配方法の変更】包丁集荷の際、担当者が追加料金を計算し研ぎ料金を前金で集金します。作業後のお戻しは、非接触で梱包してポストへのお届けを推奨して参ります。感染予防だけではなく、お客様と弊店の予定と合わせて訪問する必要が無くなる為、より早く研ぎ上がった包丁をお戻しする事が可能になりました。ご理解とご協力をお願いします。(2020.12.5)


杉並区阿佐ヶ谷南2-2-11

旧 NSN阿佐ヶ谷店にて

12/1~12/6迄の期間限定で包丁研ぎ出店。

営業時間は9:00~17:00


第三回目となる包丁研ぎイベントは、12月13日㈰ 9:00~15:00

ニュースサービス日経二子玉川 店様を予定しています。近隣の皆様のご来場をお待ちしてます。



沿革

~千里の道も一歩から~

コロナ禍の2020年、私たちは小さなスタートをきりました。そして同じ夢を目指す同志が集まり、全国から依頼を受けるようになりました。

 

手研ぎ

それぞれの包丁で、最適な「切れ味」と長持ちさせる「耐久性」の両立を目指します。

時にはデジタル顕微鏡で刃先を確認しながら、妥協無く研ぎ上げます。

 

鋭い切れ味をお気軽に

 私たちは家庭では出来ないワンランク上の研ぎ(仕上げ#5000以上)を提供します。

切れ味でお悩みの方の、お役に立てれば幸いです。



2020.11.23 新宿イベントの様子(YouTube)


わたしたちの理念

包丁は日常の食卓を彩る大切な調理用具です。

トントンと包丁から響くリズムは、心を温かくしてくれます。

しかしながら現在は全国的に研いでくれるお店は少なくなりました。ご自分で研ぎたくても砥石での研ぎ方がわからない・・・簡易包丁研ぎ器で包丁が変形してしまった、切れ味が変わらない、などお困りの方の声を頂くことが多々ありました。

 

包丁は砥石でしっかり研ぐ事によって、本来の切れ味を引き出し、包丁自体を長持ちさせることにも繋がります。

また、切れ味が良いと食材のそのものの良さを活かす事ができ「美味しく」「楽しく」「安全に」料理を作り出す事が出来ます。

 

研ぎあげた包丁で、お客様が喜んでくださる事、たくさんの笑顔が見れる事、それが私たちの願いであり喜びです。

 

わたしたちは、「困っている人のお役に立つ」という原点を忘れず、これからも精進し成長を続けます。